歴史
130年以上にわたり脈々と受け継がれてきた「ウォーターマン」の歴史は、成功を収めた数多くの革新技術の賜物です。
この記事をシェアする

歴史

1883年
「ウォーターマン」の歴史は1883年、世界で初めて毛細管現象を応用した「ザ・レギュラー」を誕生させたことから始まる。この技術は今もなお、多くの万年筆に受け継がれている。
1884
「Ideal Pen Company」を創業。
1888年には、社名を「LE WATERMAN」に変更。
1899年
「スプーン・フィールド」供給システムを
開発。
このシステムによりインク漏れを防ぐ
ことが可能となる。
1900年
「ウォーターマン」のペンが
パリ国際博覧会で金賞を受賞。
1904年
世界初のクリップ付きのキャップを開発。インク漏れが減ったことでペンが携帯品となる。
1926年
Jules Isidore Fagardが「Jif-WATERMAN」を設立。フランスでも「ウォーターマン」の製作が開始される。
1913年
その後30年間引き継がれることとなる、レバーを使ったインク補充システムを発表。
1927年
「Jif-Waterman」の技術者であったM.Perraudがガラス製のインクカートリッジを開発。
1929年
「パトリシアン」
オートクチュールのドレスから発想を得て作られ、アール・ヌーボーの時代に君臨する名品。
1939年
「100イヤーペン」
明るい色使い、曲線を取り入れた斬新なフォルムと100年保証で旋風を巻き起こす。
1953年
「CF」
ロケットの流線型からインスピレーションを得て誕生。
「ウォーターマン」の特長的なウィンドウクリップを初めて採用。
1967年
フランス ナントに「Saint-Herblain」工場を設立。
1969年
Francine Gomezが「Jif-Waterman」CEOに就任。
1983年
「ル・マン100」
「ウォーターマン」創業100年となるこの年に発売され、のちにマスターピースと
なる。
1987年
「レディ・エルザ」、「レディ・パトリシア」
女性的なデザインを発売。
1992年
「エキスパート」
ダイナミックなデザインのビジネスペン。

「エドソン」
未来を感じさせる楕円形のデザイン。
1994年
メトロポリタン
匠の技とエレガントな装いが融合した
デザイン。
1997年
「カレン」
海面をすべり行く船の舳先から
インスピレーションを受けたデザイン。
1999年
「ウォーターマン・セレニテ」
緩やかなカーブを描く、美しいフォルム。
2000年
「イシ・エ・ラ」
現代的でアクティブな男女のためのエレガントで実用的なデザイン。
2001年
「ウォーターマン」は、ニューウェル・ラバーメイドグループへ。
2003年
「オーダス」
個性豊かで、情熱あふれる女性らしいデザインが施されたコレクション。
2008年
「パースペクティブ」
モダンな都市空間を想像させる
デザイン。
2004年
「エクセプション」
個性的なスクエアのフォルムと、卓越した技術の結晶。
2009年
「ウォーターマン・エレガンス」
まるで宝飾品のように美しく優美な
デザイン。

Important: Cookie policy

This website uses different types of cookies to enable, improve and monitor the use of our website. For more information see our cookie policy. By clicking accept or continuing to browse on our website, you consent to the use on your device of analytics, advertising and other tags/files.